ミレーナ

ミレーナとは

ミレーナとはミレーナは、避妊効果が5年間続く避妊リングです。生理の量が多い、生理痛がひどいといった症状にも有効性が認められています。
ミレーナには黄体ホルモンであるレボノルゲストレルが付加されており、子宮内に持続的に放出する新しいタイプの子宮内避妊システムです。長期間に渡り高い避妊効果を発揮します。

こんな方におすすめです

  • 月経困難症
  • 過多月経
  • 子宮腺筋症(ミレーナが優れた治療法と言われています)
  • 単純型の子宮内膜増殖症
  • ピルが服用できない方
  • 避妊したい方

ミレーナの効果

ミレーナには高い避妊効果があります。5年間入れっぱなしで、避妊効果がピルの失敗率が0.6%に対して、ミレーナは0.14%で、ピルよりかなり優秀です。
また、5年間で生理が無くなる人が10%ほどです。きちんと排卵はあります。全身への影響が少なく、局所で子宮内膜のみに作用します。生理が無くならなくても、生理の量は減ります。ですから、子宮筋腫や子宮内膜症、特に子宮腺筋症(子宮筋の中に内膜症がある)の多い生理には、症状の改善が期待できます。これを入れた患者さんから、「生理が減って快適よ!」と喜んでもらいました。
すでに子供がいて、タバコを吸ってて、また40歳すぎて、低容量ピルを飲めない人や生理が多い人、もう子供はいらない人の避妊にいいです。また、抜くと妊娠できます。低容量ピルと違って、血栓症がないのもメリットです。

過多月経・月経困難症の治療としても有効

先述したように、ミレーナは生理に対しても効果を発揮します。黄体ホルモンであるレボノルゲストレルは、子宮内膜の増殖を抑える作用があり、子宮内膜が薄くなりますので、経月経量を減少させることができます。
また、避妊目的の場合は自費診療となりますが、過多月経と月経困難症の治療に用いる場合は保険適応になります。

ミレーナのメリット

装着後は、ミレーナの成分であるレボノルゲストレルにより子宮内膜が育たなくなりますので、徐々に月経量が減少していきます。
また、日数の経過とともに月経の回数が減り、約10%の女性では月経が起こらなくなります。したがって、ミレーナの装着中に月経が起こらなくなることは必ずしも妊娠を示すものではありません。

ミレーナの副作用

ミレーナの主な副作用には、月経出血日数の延長・月経周期の変化・卵巣のう胞・月経時期以外の出血・腹痛などがあります。また重大な副作用として、骨盤内炎症性疾患(PID)、子宮外妊娠、穿孔、卵巣のう胞破裂などがあります。

挿入後数日間は、出血・下腹痛・腰痛・おりもの等の症状が現れることがあります。また、装着後3ヶ月~6ヵ月は、月経時期以外に少量の出血が続くことがあります。日数の経過と共にほとんどは消失します。
※副作用の発現率・不正出血が起こ日数には個人差があります。

ミレーナの注意事項

脱出について

まれに気づかないうちに脱出してしまう場合があります。(国内でぼ臨床試験では、装着後1年間の脱出率は1.5%と言われております)
指を膣内に入れて子宮口の除去糸を確かめることができますが、絶対に糸を引っ張らないでください。きちんと定期検診を受けて、位置の確認を受けてください。

装着について

経腟分娩の経験がある場合には、子宮口が開いているため痛みは少なく、装着は時間がかかりません。
出産経験がない方、帝王切開で分娩された方の場合、痛みが強いため、事前にラミセル(スポンジを圧迫したスティック)を入れ、その1時間後に子宮頚管が拡くためミレーナを入れます。

注意が必要な症例

子宮腺筋症

子宮筋層厚が5cmを超える症例は、月経困難症の症状改善があまりなかったり、脱出率の上昇があります。

子宮筋腫

粘膜下筋腫(内腔突出率が10%以上)や粘膜下筋腫がなくても、筋腫自体が子宮内膜に近い位置にある場合は、子宮出血が続いたり、脱出リスクが高くなります。
筋腫の種類にかかわらず、筋腫の2.5cmを超える症例は、脱出リスクが高くなる事があります。

ミレーナの費用

保険適応の場合 3割負担 約13,000円(5年間有効)
自費の場合 50,000円(5年間有効)
保険適用について

過多月経・月経困難症の治療目的の場合には、ミレーナ装着が保険適用されます。避妊目的のケースでは保険適用されません。

ピルとの費用比較について

保険適用で低容量ピルを5年間使うと、1ヶ月約2000円として、薬代だけで、120000円。
ミレーナだと5年間で、約13000円。
まあ、単純に計算すると、ほぼ1/10ということになります。

ミレーナの感想

  • 満足度が120%と言われる人もいます。しかし月経困難症や過多月経は、改善したが、少量の出血がつづくのを嫌がる人が中にはいます。ミレーナを入れている女医さんに聞くと、「黒いパンティをはくと、気にならないわよ」と言われました。
  • 合えば、大変よろこばれます。 以前は、子供を生んだ人が主でしたが、最近では、子供を産んでない人も増えています。低容量ピルが合わない人、前兆のある片頭痛があり月経困難症がある人、タバコ吸っていてピルが飲めない人、痛みが痛み止めでは、十分とれずまたピルは、飲みたくない人など。 ミレーナを入れる1時間前に、ラミセルを入れてから、ミレーナ入れる。これでなんとかなります。

ミレーナは、気に入らなければ、すぐ抜去できます。費用もそんなに高くないため、あまり気にならないのではないでしょうか。

一番上に戻る
TEL:042-522-2233 インターネット予約