医院紹介

院長紹介

院長 泉康二

院長 泉康二岡山の津山生まれ。泉康二です。(昭和27年1月15日生まれ)親父も津山で開業していましたが、52歳くも膜下出血でなくなりました。

日大医学部卒業し、日大医学部付属駿河台病院、板橋病院、大宮赤十字病院、その後国立立川病院をへてこの地に開業しました。国立立川病院には延べ7年半在籍しました。国立時代は、あまりに忙しく、時間に追われない医療を考えたきっかけでした。

趣味は、山歩きと、写真です。院内に、写真を撮ってきたらすぐ飾るのが楽しみです。

経歴
昭和52年3月 日本大学医学部卒業
昭和52年5月27日 医師国家試験合格
昭和52年5月~54年5月 日本大学医学部付属病院(駿河台、板橋)
昭和54年6月~54年11月 大宮赤十字病院
昭和54年12月~55年9月 国立立川病院
昭和55年10月~55年12月 大宮赤十字病院
昭和56年1月~59年8月 日本大学産婦人科
昭和59年9月~平成3年1月 国立立川病院
平成3年2月2日 泉医院開設

医院紹介

泉医院について

泉医院について泉医院は立川駅北口からすぐのグランドホテル1階にある診療所です。ビルのオーナーが、ホテルの一角に診療所を造った、ちょっとかわった形態です。え?こんなとこに医院があったの?と思うところです。狭いですが、患者さんに快い雰囲気を心がけています。

大きな病院では時間に追われて出来ない、きめの細かい医療を目指し開業しました。なんでも話してもらえる医者でありたいと思っています。そのことが病気の治療の役立ちます。体の健康には、心の健康が必要ですから。

診療科目は産婦人科、内科です。専門は産婦人科ですが、現在の病気は内科的な合併も多く、はい、これは内科へ行ってというわけにもいきません。もちろん手に負えなければ紹介します。婦人科は、お腹を切らない程度の種々の手術は行っています。

産科ですが、広くないため、分娩は提携病院、医院へ紹介し分娩をお願いしております。まず妊娠5カ月ごろ一度いってもらい、異常なければ、その後本医院で経過を診ます。34週~35週ごろには陣痛が起こることがあるため、再度そちらの病院へ行ってもらいます。

婦人科の診療は、最近爆発的に多い性感染症(特にクラミジア)、不妊症、更年期障害などです。

診療時間

受付時間 日祝
9:00~12:00
15:00~18:30

休診日:水・日・祝日 9:00~13:00
※当院では予約制を導入しております。詳しくは予約制のページ

アクセス

  • イラストマップ
  • 〒190-0012
    東京都立川市曙町2-14-16 立川グランドホテル1階
    (JR立川駅北口より徒歩5分)

    院長 泉 康二
    受付電話番号 042-522-2233
    FAX番号 042-522-2278
    Eメールアドレス pu4k-izm@asahi-net.or.jp

施設紹介

一番上に戻る
TEL:042-522-2233 インターネット予約